新たなミュージックライフを始めてみませんか?

TwitMusicは、今聞いている音楽の曲名、アーティスト名、ジャンル名をつぶやくための、極めてシンプルなTwitterクライアントです。
起動直後のメイン画面では、今聴いている曲情報を自動で読み込み、読み込みボタンでミュージックライブラリからの曲情報の読み込みが可能です。また、アプリ起動中に曲に切り替わった場合は、自動で曲情報を再取得し表示します。
Twitterをまだ始めていないという方も、趣味の似ているユーザーとの情報共有で、新たなミュージックライフを始めてみませんか?

TwitMusicの特長
  • 無駄を省いたシンプルで洗練されたインターフェイス
  • アプリ起動 -> 曲情報自動取得 -> つぶやく、という軽快なナビゲーション
  • 現在聴いている音楽の曲名、アーティスト名、ジャンル名などを取得してつぶやくことができます。
  • iPodでプレイリストやアルバムなどを再生中には、連続投稿が可能です (※1) (設定画面/メイン画面でON/OFFできます)
  • テンプレート機能により、自動取得できる各曲情報の表示/非表示、順番及び、Tweetの前後に付けるヘッダ/フッタの複数登録、表示/非表示などを設定画面でカスタマイズできます。
  • カスタマイズしたテンプレートの内容は、リアルタイムにPreviw表示エリアに反映されます。
  • アプリ起動中に曲が切り替わった場合も、自動で曲情報を再取得します。
  • 音楽を聴いていない時でも、ミュージック・ライブラリから曲を選択して、同様につぶやくことができます。

※1 アプリを閉じたり、バックグラウンドで動作させた場合は、iOSの制限により正しく動作しません。また、連続投稿時のTwitterの文字数制限を超える文字列は、制限文字数内に収まるよう、後ろから自動的に削除して投稿されます。
※ iPod thouchでご使用いただく場合には、Wi-Fi環境が必須となります。



TwitMusic (Version: 1.6)
リリース日: 2011年6月20日
カテゴリー: ソーシャルネットワーキング
価格: 115円

ノーマルモード画面

音楽を再生中にTwitMusicを起動すると、下記のように再生中の曲情報を表示します。
※初めて起動させた時には、Twitterアカウント情報の登録画面が表示されます。

メイン画面の写真
※アプリ起動中に曲に切り替わった場合は、自動で曲情報を再取得し表示します。

アルバムアートワークを上下にスワイプすると、前後の曲に切り替えることができます。

注意:iPodアプリで音楽をアルバム再生、または、プレイリスと再生している時に限ります。(ループ再生を推奨します。) アプリ内から曲を選択した時や、曲を単独再生している場合は機能しません。

画面上部アプリアイコン右側に表示されているヘッダ (ヘッダがOFFになっている場合はフッタが、フッタもOFFになっている場合は何も表示されません) 部分をタップで、登録済みのヘッダ及びフッタをドラムメニューで選択、変更できます。
また、ヘッダもしくはフッタを追加、変更したい場合は、ドラムメニュー左上の鉛筆アイコンをタップして編集可能です。

プレーヤーモード画面

再生中の音楽のアルバムアートワークをダブルタップします。

メイン画面の写真

アルバムアートワークがズームアップして、プレーヤーモードに切り替わります。

プレーヤーモード画面の写真

アルバムアートワークを上下にスワイプすると、前後の曲に切り替えることができます。

注意:iPodアプリで音楽をアルバム再生、または、プレイリスと再生している時に限ります。(ループ再生を推奨します。) アプリ内から曲を選択した時や、曲を単独再生している場合は機能しません。

プレーヤーモードからノーマルモードへも、アルバムアートワークのダブルタップで切り替え可能です。

画面上部アプリアイコン右側に表示されているヘッダ (ヘッダがOFFになっている場合はフッタが、フッタもOFFになっている場合は何も表示されません) 部分をタップで、登録済みのヘッダ及びフッタをドラムメニューで選択、変更できます。
また、ヘッダもしくはフッタを追加、変更したい場合は、ドラムメニュー左上の鉛筆アイコンをタップして編集可能です。

連続投稿

iPodでプレイリストやアルバムなどを再生中には、連続Tweetが可能です (※)

設定画面もしくはメイン画面で、Twitterへの連続投稿の設定が可能です。

メイン画面での連続投稿の写真

メイン画面では、連続投稿のON/OFFを、設定画面では、連続で投稿するTweet数(1から20と∞)と連続投稿のON/OFFを切り替えることができます。

設定画面での連続投稿の写真
※アプリを閉じたり、バックグラウンドで動作させた場合は、iOSの制限により正しく動作しません。
連続投稿時のTwitterの文字数制限を超える文字列は、制限文字数内に収まるよう、後ろから自動的に削除して投稿されます。

ミュージック・ライブラリでの曲選択画面

音楽を聴いていない時でも、ミュージック・ライブラリから曲を選択して、同様につぶやくことができます。普段iPodで選ぶのと同様に、つぶやきたい曲を選択して下さい。

曲未再生時画面の写真
※ミュージック・ライブラリから曲を選択するには、マーキング箇所の虫眼鏡アイコンをタップして下さい。
曲選択画面の写真
※いつもの見慣れたナビゲーションで曲を選択できます。

Tweet文章編集画面

Tweet文章編集画面では、取得した曲情報に加えて、その曲への思い入れや自分の感想などを一緒に書き添えることができます。

Tweet文章編集画面の写真
※ハッシュタグ(#TwitMusic)は、設定画面でオン/オフを切り替えることができますが、付けておくことで、そのハッシュタグを頼りに検索して、趣味の合う音楽友達を見つけることができるかも知れません。

設定画面

初めてTwitMusicを起動した時には、この画面が表示されます。取得しているTwitterアカウントの登録、自動取得できる曲情報の表示/非表示、並び順、各情報をつなぐワード*をカスタマイズすることが可能です。

また、ヘッダ/フッタの文字列変更/表示/非表示、ハッシュタグ(#TwitMusic)のオン/オフも設定することが可能です。

アカウント登録画面の写真
自動取得される曲情報等は、SETTINGS画面でカスタマイズすることが可能です。
アカウント登録画面の写真
カスタマイズしたテンプレートの内容は、リアルタイムにPreviw表示エリアに反映されます。

Tweet内容に使用するヘッダとフッタを複数登録することが可能になりました。
それぞれONにした時に表示される鉛筆アイコンをタップして追加、編集して下さい。
現在選択されている文字列は、テキストボックスの右側にチェックマークが表示されています。

複数の文字列を登録して、シーンに合わせて切り替えてお楽しみ下さい。